ひとことの魔力

先日、郊外の閑静なマンションの7階のお宅へ伺った時のこと。

エレベーターを待っていると後ろから7~8歳くらいの女の子がやってきて

エレベーターに一緒に乗り込みました。

その子は手にスマホ?ゲーム?を持っていてずっと手元を見ながらエレベーターの奥へ。

私は目的の7階ボタンを押したけど、その子はアクションがないので「何階?」と聞くと、

手元を見たまま「8階っ」。

そっけない返答・・・と感じつつ「はーい」と8階ボタンを押すも、心の中で

「あら、お嬢様なのね」と悪態をつきつつ、まあいっか、でした。

7階に着いてエレベーターから降りる時、その子が顔を上げて

「さようなら」と。

私もかろうじて「さようなら」と言えたけど、

なんだかなあ、の気持ちが一気に流れ去りました。

この一言ってあいさつも兼ねてるけど

ありがとうの気持ちも入っていたようにも感じられました。

終わりよければすべて良し、と言うけれど、

ちょっとした一言、あいさつ、って大事だなあ・・・、

面倒くさがらずに言葉にしないとなあ・・・、

と幼い女の子に教えられた出来事でした。