救命入門コースを受講

11月研修は緊急時の対応の研修で「応急手当」。

消防局から救急救命士さんが講師で来て下さり、実技中心で救命入門コースを受けました。

心肺蘇生、AED、のどつまり除去法など模型を使って実践。

もしも本当の現場に居合わせた時に、この講習は絶対に役立つ!はず!

心臓は左胸ではないことすら知らなかったし、AEDは止まった心臓を動かすものだと思ってたし、、、

「119番コールは自宅からが最も多く、救命率が最も低いのも自宅なんです」

と講義のお話から、仕事の現場ではもちろん、自宅で身内におこった時にも対応できればと思います。

あっという間の90分で、次の普通救命講習も受けたいなあ、と思わずにはいられない内容の深い講習でした。