居宅介護支援事業

■居宅介護支援事業とは。。。

要介護(1~5)の認定を受けた方が最適な介護サービスを受けることができるようサポートをしてくれる専門家、

ケアマネジャーが所属し、ご家族やご本人と相談しながらケアプランを作成し、必要とされる介護サービスを調整いたします。

そして介護保険申請の代行や利用者・ご家族の希望を考慮して、利用者の立場に立った居宅サービス計画を作成します。

 

■サービス内容

ケアプランの作成、要介護認定・給付管理手続きの代行、サービスの管理などを手がけます。

 

yesケアマネージャーと出会うまで

①要介護認定を受ける

②市区町村の窓口または地域包括支援センター、かかっている病院の地域連携室などで、住んでいる地区を担当する

 居宅介護支援事業所のリストをもらう。

③希望するケアマネージャー(例えば男性がいい、若い人がいい、キャリアのある人がいい、etc)がいる事業所と契約。

 

yesケアプラン作成の流れ

🔴ケアマネジャーがご利用者様のお宅に訪問いたします。

  ↓

🔴ご利用者様とご家族のご要望を伺いながらケアプランを作成します。

  ↓

🔴ケアプランに基づいたサービスを利用する手配をいたします。

  ↓

🔴月に一度はご利用者様のお宅を訪問して、状況の把握・確認をいたします。

※介護保険利用の場合はケアプラン作成に関する費用はかかりません。

 

要介護者やそのご家族の最も身近な専門家として、介護支援専門員・ケアマネジャーが、

ご家族やご本人と相談しながら必要とされる介護サービスを調整し、これからの介護についてのいろいろな情報を提供し、

介護全般のご相談に応じます。

 

ケアマネQ&A