タックケア・サービス

要介護の方々の豊かな日常生活をお手伝いします

訪問介護サービス

訪問介護サービス

介護保険サービス&障害福祉サービス

障害福祉サービス

障害福祉サービス

居宅介護&移動支援

居宅介護支援事業

居宅介護支援事業

介護計画のお手伝い

相談事業

相談事業

障害福祉サービスの受けかた相談

つぶやきブログ

スタッフのブログです。 日常の中から「何気ないこと」や「発見した事」「聞いて欲しい~」などを綴っています。

かいご通信 2022年5月下旬号

『介護職は
「敬語」と「タメ口」どちらの言葉遣いをするべき?!』

年長者に対しては敬語を使うのが一般的ですが、

介護現場では敬語とため口の両方が使われていることが

少なくありません。

たとえば、

“利用者さんとため口で話し家族と過ごしているような

空間を作り、家に居るようなアットホームさを特徴と

してる施設”

反対に、“利用者さんに対して敬語で話すことを統一し、

利用者さんをお客様のように扱うことを特徴とする施設”

また、″そのような決まりをとくに設けず、

利用者と担当スタッフとの関係性などによって、

それぞれため口であったり敬語であったりする施設”

もあります。


介護現場でど言葉遣いの違いで、

メリットやデメリットはある?


利用者さんとの正しいコミュニケーション

※ 利用者さんとのコミュニケーションで大切なことは
  ◇信頼関係を築くこと
  
◇利用者が望んでいるコミュニケーション方法を選ぶ

ということです。
敬語もため口もそれぞれにメリット、デメリットがあります。
利用者さんとの関係性を構築して、どのようなコミュニケーションを

望んでいるか、を考えます。

そして、最も重要なことは利用者さんを思いやる気持ち
それがなければ、丁寧な敬語を使っても素っ気なさが利用者さんや

家族に伝わり、信頼は得にくいでしょう。
思いやりの気持ちがあれば、おのずと丁寧な言葉になり、

行動にもその気持ちは表れるものです。

介護で大切なことは、言葉の前に

利用者さんに対して「思いやる気持ち」を持つこと。

思いやりを持った行動や言葉は、良好な関係を

築く一歩となることを念頭において日々従事です。

かいご通信 2022年4月下旬号

『介護のよろず相談うけたまわります』

●日常生活が大変になってきた

●介護サービスをうけるにはどこに相談すればいいの?

●介護認定の手続きはどうしたらいいの?

●家族の介護について相談したい

●介護保険で利用できるサービスが知りたい

●よくみかけるデイサービスってどんなの? ●そもそもケアマネージャーとヘルパーさんのちがいは

  「ケアマネさんに教えて欲しいことがあるのです  が、、、」

といった感じで、お入り下さい。

予約等は不要です。どうぞお気軽に♪

※上記以外の日時はご予約をお願いします(06-6335-4374)。

かいご通信 2022年3月上旬号

『厚生労働省が「介護サービス施設・事業所調査」2020年の結果を公表』

-訪問看護ステーションは増加。在宅ケア主流に-

■厚生労働省は、2021年12月28日に、2020年「介護サービス施設・事業所調査」の

 概況を公表しました(※)。

著しく増加しているのは、介護予防訪問看護ステーション。

前年比7.2%増、訪問看護ステーションが前年比7.0%増といずれも

高い伸びを示していて、訪問看護サービスへの需要の高まりが見受け

られます。

その背景としては、地域包括ケアの推進に伴い、医療依存度の高い

患者さん、あるいは要介護が必要な方が、在宅で過ごすケースが

増えてきていることが挙げられます。

  ※この調査は、全国の介護サービスの提供体制や提供内容等を把握するために

   毎年行われているものであり、介護サービスの基盤整備、ひいては介護保険制度や

   介護報酬の見直しの基礎資料としても活用されている。

同時に、居宅サービス事業のなかで訪問介護事業所数も前年比0.7%増と

なっています。

また、職種別に介護従事者の数をみると、訪問介護の従事者数が圧倒的に

多く、介護業界において訪問介護ニーズも高まっている数値となっています。


■今後ますます地域包括ケア(※)と多職種連携が進むことを示唆しています。

  ※厚生労働省は2025年を目途に、高齢者や認知症の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもと、

   可能な限り住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、

   地域における医療介護関係機関が連携して、包括的かつ継続的な治療・ケアを、患者または

   その家族に提供できるサービス提供体制の構築を推進しています。

   この体制を地域包括ケアシステム(地域包括ケア)と呼びます。


PAGE TOP