かいご通信 2021年9月下旬号『在宅介護を考えるとき・・・④』

在宅介護を始める際に重要な

【5つの準備】についての四つ目、、、

ポイント4.早い段階から「資金準備」を

「在宅介護」の準備は、まだお身内が元気でい

るときから、少しずつ始めると良いでしょう。

「在宅介護」も施設での介護も、どちらも多くの資金が必要と

なります。

「在宅介護」ではリフォーム・ベッド・介護用品の他、

ケアマネージャーや訪問看護師を利用する場合でも、

毎月の支払いが必要です。

高齢になれば、いつ介護が必要になるかわかりません。

その時に金銭的な余裕を持つことが、介護をこれから始める側に

とっては「心の余裕」にも繋がります。

次回ポイント5は、「普段から老後について話し合う」 です。

かいご通信 2021年9月上旬号『在宅介護を考えるとき・・・③』

在宅介護を始める際に重要な

【5つの準備】についての三つ目、、、

ポイント3.「自宅環境」を確認する

「在宅介護」やお身内の高齢化に合わせて、

自宅をバリアフリーにリフォームすることになる

かと思います。

具体的には、「手すり・スロープをつける」「玄関の段差をなくす」などが

イメージされやすいかと思いますが、他にも注意すべき点があります。

玄関や廊下などの幅の把握

車イス・介護ベッドを使った生活が必要になった場合、玄関などの

幅や部屋のスペースによっては、「利用できるモノ・できないモノ」が

出てきます。

まずは計測してから準備に入りましょう。

生活空間の位置を考える

「自宅介護」をする際の生活していく居室の位置を考えた場合、

理想的なのは、「トイレが近い」「階段を利用する必要がない」と

いう場所です。

そして、他の家族の顔がよく見えて、沢山コミュニケーションが

取れることも重要です。

特に、家族団らんの時間をしっかり確保することは、

「認知症・老人性うつ」の予防にもつながります。

次回ポイント4は、「早い段階から資金準備」をする」 です。

かいご通信 2021年8月下旬号『アベノマスク活用法』

物議をかもしたアベノマスク。

まだ使わずにお手元にある方も多いのでは?

面白い使い方をご紹介します。

保冷剤を入れて使う♪

マスクのサイズが幼児の背中にぴったりです。

リュックを背負うように、マスクの中に保冷剤を

いれて背負わせるとクールダウンできます。

わんちゃんに応用できますね。

また、コロナワクチン接種の副反応で「腕が痛い」場合、

冷やすと良いと聞きます。

大人の腕にもちょうど良さそうです!

かいご通信 2021年8月上旬号『在宅介護を考えるとき・・・②』

在宅介護を始める際に重要な

【5つの準備】についての二つ目、、、

ポイント2.「介護保険」の利用申請をする

在宅介護の際には、さまざまなサービスを利用することと

なります。

「介護保険」を利用すると、ご自身の出費を抑えることが

可能となります。

「介護保険」を利用するには、いくつかの事前準備が

必要となります。

まずは、申請です。

市区町村に要介護認定の申請を行います。

自治体の「役所の介護保険の窓口」

「地域包括支援センター」などです。

持参するモノは

●介護保険被保険者証

●健康保険被保険者証

 (特定疾病をお持ちの40〜60歳以上の方)

●診察券(主治医が分かるもの) など

認定結果が出るには、およそ1ヶ月程度かかります。

「介護保険」をいつから利用したいのかも含めて、

早めの準備を!

次回ポイント3.は、「自宅環境」を確認する です。

かいご通信 2021年7月下旬号『在宅介護を考えるとき・・・①』

お身内の介護が必要になったとき、施設を

利用するか「在宅介護」をするかで悩まれる

と思います。在宅介護を始める際に重要な

【5つの準備】について、ひとつずつご紹介して

いきます。

ポイント1.介護の「協力者」をつくる

「在宅介護」をする上で特に大切なのは、

協力者の有無です。

介護を1人で行うことは、精神的・身体的に

体力が必要となります。

複数人で時間や役割を分担する等、事前に

取り決めておきましょう。

また、在宅介護をサポートしてくれる機関に

協力を依頼しましょう。

信頼できる「主治医・訪問看護師・ケアマネー

ジャー・ホームヘルパー」がいることで、介護する側の

心に余裕ができます。

実は介護の最中に、ご自分の精神的疲労が

ピークに達し「優しくできなくなってしまった」

ということが起こりやすく、「介護する側・

される側」の両方に辛く悲しい結果になる

ことを防ぐためにも、介護を複数人で協力

しながら行うことが大切になります。

次回、ポイント・2 「介護保険の利用申請を]へ続く

かいご通信 2021年7月上旬号『多くの介護職が抱える悩みとは?⑤』

●とうとうランキングトップ 1!

【第1位】給与が低い

第5位にも将来の給与に対する不安安が登場

しましたが、第1位は現在の給与が低いこと。

金額自体ではなく、仕事量に見合っていないこ

とも含まれています。

~給料に悩むヘルパー~

現在の給与が低いと感じている場合は、解消法は主に次の2つです。

1つ目は昇進や資格手当を狙う。

リーダーや主任などになることで、役職手

当が付くようになります。

また介護福祉士を始めとする各種資格取得

者に、資格手当を付けている施設は多いです。

 2つ目は転職です。

いま働いている事業所よりも待遇が良

い場所へ、思い切って転職するのも一つ

の方法です。

基本給や賞与が高いほか、入所施設勤務は

夜勤手当で総支給額は上がるでしょう。

介護職には介護職特有の悩みがあります。

それぞれの悩みに応じた解消法をうまく取り

入れて自分はどうなりたいか・・・。

LETS CAREWOWK💑(タックケア造語です^^)

かいご通信 2021年6月下旬号『多くの介護職が抱える悩みとは?④』

●続いてランキングトップ 2!

【第2位】同僚との人間関係

性別関係なく年齢も幅広く、バックグラウンドが

異なる人が集まりやすい介護の現場。

派閥が生まれることもあり、チームワークで取

り組まなければいけない仕事なのにうまく回ら

ないこともあるでしょう。

~人間関係に対する解消法~

人間関係に対する解消法はさまざま。状況や

原因によっても異なります。

しかし共通して言えるのは、自分から思い切っ

て歩み寄ってみることです。

誰でも好意的に思ってくれる人に対して、嫌な

思いはしないもの。苦手だと思っている人に

こそ、開き直って積極的に話しかけてみましょう。

話しをしてみると、実はそれほど嫌な人では

なかったと気が付くこともあるかも。

少しの開き直りが身体的・精神的な負担軽減に

つながることも!

次回は、【第1位】給与が低い

かいご通信 2021年6月上旬号「多くの介護職が抱える悩みとは?③」

●続いてランキングトップ 3!

第3位】仕事量が多い

介護職が抱える仕事は多岐に渡ります。

利用者の直接介助だけでなく、記録や書類の

記入、ケース会議への参加などさまざまです。

勤務時間内に仕事が終わらずに残業が続く

介護職員は少なくありません。

~仕事量の多さに対する解消法~

仕事の全体量を減らすことは難しいとしても、効

率的に処理する余地はあるかもしれません。

抱えている仕事をリストにして可視化させてみ

ましょう。

そしていつまでに何をやるのか優先順位を付け

て、スケジューリングします。

スケジューリング化するだけでも効率的に仕事

を処理できるようになり、身体的・精神的な負担

が少なくなります(*^^*)。

次回は、【第2位】同僚との人間関係

かいご通信 2021年5月下旬号「多くの介護職が抱える悩みとは?②」

●続いてランキングトップ 4!

【第4位】利用者対応が上手くできない

利用者対応に悩んでいる介護従事者は珍しく

あません。認知症の利用者さんの不穏時の対

応や、なにかしらのクレームを付ける利用者さ

ん等、難しいケースに関わることもあるでしょう。

上手に利用者対応ができなくて、精神的な疲労が蓄積していく悩みです。

利用者対応に対する解消法

まずは個々の利用者さんのケースに関する情

報を得て、理論を学びましょう。

例えば認知症の利用者が行う行動には理由が

あります。クレーム対応にも、一定の効果的な

関わり方というものがあります。

書籍や研修などをとおして理論を学ぶことで、

上手に対応できるようになります!

また、「バイスティックの7原則」という対人援助

の行動規範を示すものがあります。

介護従事者必見のバイブルです。ご参考に。

次回は、【第3位】仕事量が多い

かいご通信 2021年5月上旬号「多くの介護職が抱える悩みとは?①」

『多くの介護職が抱える悩みとは?①』

仕事をする上で、悩みやストレスはつきもの。

介護職には特有の共通した悩みがあり、それ

をランキングしたデータがあります。

他の介護従事者はどのようなことで悩み、どの

ように悩みを解消しているのでしょうか。

介護従事者が抱える悩みを、解消法と合わせ

てランキング形式で紹介します。

●まずは、ランキングトップ 5 から!

【第5位】将来性があるのかが分からない

~将来性への不安に対する解消法~

将来性には大きく「給与面」への不安と、介護

職自体を続けられるのか「体力面」の不安に分

けられます。 

それらに対しては、、、

介護職の待遇は改善されてきています!

国は処遇改善の条件に該当した事業所に介護

報酬を加算し、職員の収入は大幅にアップしています。

身体面での不安に対しては、介護職からケア

マネにキャリアチェンジして対応する人が多い

傾向です。

キャリアアップすればデスクワーク等の仕事も

増え、一般的な会社と同じように年齢に応じた

働き方ができる仕組みは同じ。上手に適応できるのでは。

次回は、

【第4位】利用者対応が上手くできない

PAGE TOP